山口不動産店長さんのブログ

山口市内のオススメなお店・不動産・そして日々思う事をぽつりぽつりと書いてます

残暑対策

今年は外の気温と、エアコンが非常に効いた室内との温度差が大きいため、自律神経の調整がうまくいかなくなっているかたが多いそうです。
内臓機能は冷たいものを大量に摂ったり、エアコンで冷えすぎたりしても低下するそうです。暑い夏を過ごして、そうしたダメージが蓄積して疲労として残っているかたも多いようです。
では、残暑疲労対策をとればいいのか?
汗は、乾いて蒸発する際に体温を下げる役割を果たすそうです。汗をかかない人・運動不足の人は、普段から体内に熱をため込みがちなため、熱中症にもなりやすい。有酸素運動で汗をかくのが理想的ですが、運動していない人が残暑のさなかにいきなり始めるのは危険だそうです。岩盤浴や入浴の習慣などでも、汗腺が発達して適量の汗をかけるようになるとのこと。

もちろん、汗をかいたら水分補給を忘れずに。ついつい冷たいジュースやアイスを摂りたくなりますが、この時期に内臓を冷やすと残暑バテまっしぐらですよ。

「できるだけ温かいものを食べ、水も常温で飲むことを心がけて」

最近はコンビニで、夏でもおでんがヒットしており、常温のペットボトルを置いているところも多いので活用してみては・・・
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
コンビニ近し物件はこちら
スポンサーサイト
トラックバック:0 | コメント:0 | top |

この時期おすすめの入浴剤!

この時期の蒸し暑さは毎年のことながら堪えますね。暑さや湿気といった外部環境のストレスにより自律神経の機能が低下し、体温調節や血行に障害が生じやすくなるとのこと。これが不眠・食欲不振・倦怠感など、いわゆる「夏バテ」の原因だそうです。
もっぱら仕事が終わって家に帰り、まずはビールを飲む。そんな生活を送っている私ですが、入浴法を変えるだけで「夏バテ」防止になり、夏を元気に乗り切ることもできるそうです。
入浴をより効果的にするもっとも簡単な方法は入浴剤の利用。
そこで、おすすめの入浴剤は
1. 炭酸ガス系入浴剤(ここ数年で一番の売れ筋らしいです。)
2. 清涼系浴用剤(いわゆるクールタイプの入浴剤。)
3. 無機塩類系入浴剤(いわゆる温泉のもと)
自分の好きな色と香り、お気に入りの品を見つけることも、ゆったりとした入浴習慣を得るためのコツだそうです。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
そんな気分を味わい方に、ゆったりとしとお風呂がおすすめです。

トラックバック:0 | コメント:0 | top |